河村 純一郎

かわむら じゅんいちろう

〜独特の表現力でコレクターを引きつける作家の一人 焼き物や陶器に影響を受けそれに通ずる肌合いの作品を描く〜

Biography

河村 純一郎

他多数の個展、展示会等への出品、受賞暦を持つ
現在 行動美術協会会員、日本美術家連盟会員

河村純一郎先生の作品は、深い聖性が宿る稠密な画肌で、独自の境地を追求しながら、品格のある色調でナイーブなヨーロッパ中世風の人物像など感性の豊かさに魅了される。
人物画を書くことについて河村先生はこう語る
「昔から焼物や陶器に興味があり、特に肌合いが好きなんです。そういったマチエールの中に、人もどきの心象人物を描きたいと思っていました。人と人形、男と女、虚と実、絵画とデザインといった中の、ニュートラル、中庸の世界に魅かれます。旅行に行って、メモリー代わりに描いたスケッチブックの中の人物は、心象の中でいつのまにか自画像を帯び、遠い記憶と共に変遷を繰り返し、少年時代の僕へと変化したりします。」

1948年
山口県玖珂郡周東町に生まれる
1970年
和光大学人文学部芸術科中退
1979年
「新芸術展」にて新人賞努力賞受賞
1980年
「ル・サロン(フランス)」にて
MENTION HONORABL賞受賞
1981年
渡欧 アカデミー・グランショミエール等で学ぶ
1984年
行動展(奨励賞)
(‘86 F記念賞、‘96 会友賞、‘97 田中忠雄賞)
徳山市文化奨励賞受賞
吉崎直子『なぜか子供と飛んでいます』カット・表紙担当
1985年
有意無展(山口県下関)、上野の森美術館絵画大賞展~87 赤松恵子『ただのゆい絵本』絵担当
1986年
安井賞展(東京池袋)、現代日本絵画展~90
1990年
桜木小学校校舎壁画制作、内外洋画秀作展~05
1991年
21世紀指標展、山口県芸術振興奨励賞受賞
1992年
現代洋画選抜展~05、中川健次郎『銀木犀』表紙担当
1993年
俊英作家絵画展(阪神百貨店)
1994年
AUBU~96、0号の世界現代の洋画展~97(日本橋三越本店)
1995年
サロン・ディベール(新宿三越)、高樹のぶ子『水脈』表紙担当
1997年
21世紀の騎手たち現代俊英洋画作家展
2001年
フザリスの会(東急本店)
2002年
ふるさとのアーティストたち(山口県立美術館)
2003年
「絵画と立体」コラボレーション展
三浦明範・十時孝好・丸尾康弘(そごう横浜美術画廊)
2005年
洋画秀選展(松坂屋本店)
2006年
汚れないマンネリズム 河村純一郎展(主催:山口市文化振興財団)
2007年
山口県文化功労賞受賞
2008年
新世紀の顔貎 KAO-30人の自画像 銀座高輪画廊
金沢美術サロンゆたか・京都アートスペース東山・神戸ギャラリエ サンサカエ・平塚画廊・神田日勝記念美術館巡回
(企画コーディネイト中野中)
2009年
「21世紀絵画手の仕事」(丸の内 行幸地下ギャラリー)
2010年
ザ・ストーリーテラーズ 小説と絵画展(月間美術企画)
2015年
個展「汚れないマンネリズム」(周東パルトラルホール)
2016年
「あわい展 色と形、手の仕事2016」(建築会館ギャラリー)
2017年
ドローイング展(銀座) 現代日本画洋画秀作典
2018年
薔薇Festa(高島屋日本橋-横浜-名古屋)熊毛中学美術館個展
2019年
薔薇Festa(京都)
⬆︎